ふびらいの伝記

デジタルカードゲームの攻略ブログ。現在はドラゴンクエストライバルズがメインです。

【ドラクエライバルズ】おすすめの金策!分解していい共通レジェンドカード一覧【初心者・無課金者向け】

 
DTCGの特徴の一つであるカード生成システム。
ドラクエライバルズも例に漏れず錬金/分解システムを採用していますが、決してレートが良いとは言えません。 
レジェンドカードを例に取ると、錬金するのにかかる錬金石が3000個であるのに対し、分解した際に貰える錬金石は1/4以下の800個。スーパーレアの錬金額にすら届かない数字です。これは正直文句を言いたくなるレベル。
 
とは言え、資産の限られる新規プレイヤーや無課金プレイヤーにとって、分解→錬金という手順は避けて通れない道です。
購入できるパックの数が少ない以上、このシステムを頼らなければ強いデッキや使用したいデッキが作れないわけですから。
 
であるならばせめて、砕くカードは今後使用する見込みのないカード、弱いと断言できるカードにしたい。
『カードを砕いて目先欲しいカードを錬金できたけど、後に砕いたカードが必要な場面がきちゃった!』というようなことは地球の破滅以上に回避しなければならない事案です。 
 
 
そこで、初心者・無課金者向け記事、第2弾となる今回は、レジェンドカードに分解優先順位を付けていき、分解すべきレジェンドカードを示していきます。
断腸の思いでレジェンドカードを分解しようとしているプレイヤーの一助になればと思います。
 
 
注意事項
■前編となる今回は共通のレジェンドカードに絞って分類しています。また、英雄カードは全て除外しています。
■グランプリ落ちしたカードはマスターズルールで遊ぶか遊ばないかによって価値が大きく変わってくるため、今回は第2弾『解き放たれし力の咆哮』以降のカードに絞って紹介していきます。
■ライバルズには上方修正の前例があります。仮に今現在、全く未来のないカードであったとしても、今後強化される可能性がないと言い切れない点はご了承ください。
 
 
 



 
 
 
 
 

 
 
 

A(こだわりが無ければ分解して良し)

 
f:id:WhoBlie19:20190218003605p:plain:w230:h290f:id:WhoBlie19:20190610171032p:plain:w230:h290f:id:WhoBlie19:20190610171201p:plain:w230:h290
 
 
《わるぼう》
《エステラ》
《覇海軍王ジャコラ》
《邪神官ハーゴン》
《ジャミラス》

 
 
■■■
これらのカードは今後環境クラスのカードとなる見込みが薄く、特定のファンデッキを組まない場合は必要の無いカードとなってしまっています。
この5種に関しては、こだわりのない場合や、作りたいデッキ、作りたいカードのために錬金石が必要な場合は分解してしまって構いません。
 
 
 
 
 
 
 
 

B(おススメはしないが、緊急時には仕方なし)

 
f:id:WhoBlie19:20190610181708p:plain:w230:h290f:id:WhoBlie19:20190610181815p:plain:w230:h290f:id:WhoBlie19:20190520203003p:plain:w230:h290
 
 
《ホミロン軍曹》
《フローラ》
《デボラ》
《妖魔軍王ブギー》
《シルビア》
《ミルドラース》
《ザンクローネ》
《屍騎軍王ゾルデ》
《悪の化身りゅうおう》
《ネルゲル》
《破壊神シドー》

 
 
■■■ 
これらは現在は使用されていないものの、使用される未来が無いとは言い切れないカード。もしくは一部のデッキでは現在も使用されているカードになります。
そのため、分解して目先の錬金石を生み出しても、いずれ後悔する可能性は全く否定できません。
《フローラ》や《デボラ》は決して弱いカードではありませんが、やはり場に出たターンに影響を及ぼさない5コストユニットは環境のスピードに付いていけていないというのが現状です。第2弾『解き放たれし力の咆哮』のカードであるため、グランプリルールから脱落するタイミングも比較的近いです。

真に作りたいデッキやカードがあり、尚且つ余剰カードやプレミアムカードを分解しても錬金石が足りない場合に限り、手を掛けるかどうか悩んでみても良いでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 

C(分解するな)

 
f:id:WhoBlie19:20190605161533p:plain:w230:h290f:id:WhoBlie19:20190605155205p:plain:w230:h290f:id:WhoBlie19:20190605155019p:plain:w230:h290
 
 
《サンディ》
《ラーミア》
《ラプソーン》
《オルゴ・デミーラ》
《ビアンカ》
《ミルドラース》
《ダークドレアム》

 
 
■■■
この7種のレジェンドレアは単体性能が非常に高く、現在も第一線で活躍していたり、数多くのデッキタイプに投入されたりしているカード達です。
これらを分解する事は、それだけデッキ構築の選択肢を削いでしまう事になるため、基本的には行ってはいけません。
 
また、ここまで強力なカードの場合、今後どこかのタイミングで下方修正を受ける可能性もあります。
その場合分解額が錬金額と同等になり、大きく利を得ることが出来ますので、その意味でも現段階での分解は悪手と言えるでしょう。
 
 
 
 
 

終わり

 
 
今回は共通限定という事でライトな内容となっていますが、少ない資産でやりくりするプレイヤーの皆さんにとって参考となれば幸いです。
職業レジェンドレアの方はこちらでまとめています。
www.whoblie19.com

 
 
意見、感想はブログのコメント欄か、僕のTwitterの方まで。
ツイッターはこちら
 
では、この辺で。
 
 
 
© 2017-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO